こんにちは!トレーナーの宗像です。

ページをご覧いただきありがとうございます。

今年も残すところあと6日となりましたね!年々月日が経つのが早くなってきている気がします、、、

今年中までに終わらせないといけない仕事がたくさんあり、朝早くから夜遅くまでデスクワーク。という方も少なくないと思います。

そんな中でよく感じるのが足の「浮腫み」。本日はそのむくみが楽になる方法を運動面からお伝えします。

まず、浮腫みの主な原因は

・座りっぱなし、立ちっぱなし等同じ姿勢で長時間いること

・インスタント食品など、塩分の摂りすぎ

・冷え、血行不良

・運動不足

・ビタミン、ミネラル、たんぱく質の不足

等が挙げられます。

そして、そもそものメカニズムとして、浮腫みは「静脈のうっ滞」によるものです。うっ滞とは静脈血が滞った状態です。

人間の体には動脈、静脈という血管とリンパ管が張り巡らされています。動脈は心臓から末端へ血液を送る道、静脈は末端から心臓へ血液を戻す道だとお考え下さい。

この戻る道が滞ると静脈血が溜まります。それが浮腫むという状態です。つまり、この静脈血をスムーズに心臓に戻すことができれば足の浮腫みは自然となくなるはずです。

足の静脈血を心臓に戻すためには2つのポンプが働いています。一つは先ほど出てきたし「心臓」ですが、もう一つは「足の筋肉」です!

特に「ふくらはぎの筋肉」が足に溜まった静脈血を心臓へ方向へ押し上げる原動力となっていています。これを「筋ポンプ作用」と呼んでいます。

筋ポンプ作用がよく働けば日頃の浮腫みも解消されます!

 

この筋ポンプ作用をたくさん働かせる方法はウォーキングもそうですが、まずはつま先立ちとふくらはぎのストレッチからだと私は考えています。

運動やストレッチを長らくやっていなかった場合、いきなりウォーキングを始めても足首が硬かったらせっかく始めた運動も効果がでるのに時間がかかってしまいます。

ですので、まずこちらの写真の動作を一日10~20回、小休憩の際や階段を見つけたとき、歯を磨く際等、段差がある場所でやってみてください!

%e7%84%a1%e9%a1%8c%e7%84%a1%e9%a1%8c33

あと個人的にオススメなのが寝る際に足を心臓より高くして寝ることです。足が心臓より高くなることで静脈血をより心臓へ運びやすくできます。

いかがでしたでしょうか。残りあと6日!ラストスパート頑張りましょう!!