こんにちは!トレーナーの宗像です。ページをご覧いただきありがとうございます。

本日は筋肉の役割についてお話し致します。

皆様は健康や筋力アップ、ダイエット等様々な目的がある中で身体を動かしていると思います。

その中でその目的以外にもたくさんのことにメリットがあるのを知っていただきたく、この内容にしました。

 

まず、筋肉は大きく分けると3つに分けられます。

・骨格筋⇒動物の筋肉の一部であり、骨格を動かす筋肉のこと。ここではヒトの骨格筋について記す。

・心筋⇒心臓を構成する筋肉のこと。

・平滑筋⇒筋節のない筋肉のこと。血管、膀胱、子宮等管状あるいは袋状器官では「壁」にみられる。また、消化管では消化物を筋収縮により運ぶ役割をしている。

(Wikipediaより)

その中でさらに意識して筋肉を動かすことができる「随意筋」、意識して動かせない筋肉を「不随意筋」と呼び、

骨格筋は随意筋、心筋と平滑筋は不随意筋に分けられます。

皆様は普段、骨格筋を鍛えているわけですが、この骨格筋の役割を下記に記します。

・身体を動かす⇒歩く、走る、座るなどの一環の動作は、筋肉が収縮することで成り立っています。

・関節の安定⇒筋肉によって関節を守ることにより、動きが安定します。

・姿勢の維持⇒関節が安定することにより姿勢を保つことができます。

・熱の発生⇒筋肉を収縮させることで温度調整を行います。

・衝撃の吸収⇒筋肉が内臓や骨などを衝撃から守ってくれます。

等々、外面の役割だけで5つほど挙げられます。

 

知らず知らずのうちに目的のほかにこのような効果も少しずつですが、身体に変化は起きています。

ですので、運動してるけど中々成果は出てこないと悩んでいる方、目標以外に感じることがあるはずです!

いつもより身体が柔らかくなったり、温まるのが早かったり肩の力が抜けていたり、、、

ですので身体を動かすのを是非辞めずに続けてみてください!

上記の5つの項目、どれかが少しでも運動するよりか効果がでているはず!!

ご覧いただきありがとうございました!