こんにちは!トレーナーの宗像です。ページをご覧いただきありがとうございます。

さて、本日のテーマは「有酸素運動の条件について」です。

 

突然の質問になりますが、何をもって有酸素運動をいうのか、改めて聞かれるとそういえば。。。と思う方、いらっしゃると思います。

有酸素運動をする手段は歩く、走る、泳ぐ、自転車を漕ぐ等々やるものはわかっていてもそれをしたところで有酸素運動になるかというと答えはNoです。

例えば、全力で100メートル走る。これは有酸素とは言わないですよね。

 

ではその基準とはなにか。下記に有酸素運動と呼ばれる条件を記載致しますのでご参考にしてみてください!

・中強度程度

・20分以上継続して続けられる運動⇒運動時間のトータルでも可

・大筋群を動員している⇒足、背中、腰、胸、お腹を使っているか

・リズミカルであるということ⇒例:一定のリズムでウォーキングをしているかということ

・呼吸している

この5つです!

中強度というのはご自身の感覚で構いませんので、少し息遣いが荒くなるけど動いていられる強度です。始めは見つけるのが難しいかもしれませんので、ウォーキング等弱い強度から始めるのをオススメします。

20分以上継続して続けられる運動というのは、例えば10分動いて2~3分休んでまた10分動く。といった感じで捉えてください。逆パターン、つまり2分動いて10分休むというのは有酸素運動とはいいません、、、

いかがでしたでしょうか。お正月を抜けたと思ったら3連休でついついまた食べてしまったという方。。。

今度こそまとまった休みはあまりないと思います!笑

外はまだ寒いですがついてしまった余分な脂肪っを落とすには運動か食べる量をお正月よりか確実に減らすことです!

有酸素運動をして健康な身体、去年までの身体になるべく早く戻してあげましょう!