こんにちは!トレーナーの宗像です。ページをご覧いただきありがとうございます。

 

久しぶりの更新でございます!!!

本日はこれからの皆様の健康についてお話をします。

皆様はロコモティブシンドロームという言葉をご存知でしょうか?

ロコモティブシンドロームとは、運動器官の障害によって日常生活で人や道具の助けが必要な状態、またはその一歩手前の状態をいいます。

(厚生労働省より)

なにが言いたいかというと寝たきりや要介護になる可能性があるということです。

学生時代のときバリバリスポーツやってたから大丈夫!

まだ若いし、忙しいし、運動するくらいなら寝たい!

気持ちはわかります、そして今は運動しなくても問題ない方、たくさんいらっしゃると思います。

が、少なからず「衰え」は学生の時よりかは感じているはず。

もちろん動かないと体力は確実に低下していきます。そして今の時代、より人間が動かなくていいように便利な機械が増えましたね。

スーパーにだって買い物に行かなくてもいい時代です。もっとこういうものはこれから普及していくでしょう。

その代わりに、私たちの体は衰退していく一方です。気づいたときにはもう寝たきり、、、では遅いので、

ロコモティブシンドロームに関するチェック項目があります!

全部で7つあり、「1つでも」当てはまれば骨や筋肉などの運動器が衰えているサイン。ロコモティブシンドロームの心配があります。

日常生活の中でチェックできますので是非やってみてください。

 

1:片足立ちで靴下が履けない

2:家の中でつまづいたり滑ったりする

3:階段を上るのに手すりが必要である

4:家のやや重い仕事が困難である(掃除機の使用、布団の上げ下ろし等)

5:2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である

6:約15分歩き続けることができない

7:横断歩道を青信号で渡りきれない

 

以上の7項目です。

これからどんどん高齢者が増えてきて、医療も発展し、長生きする方が増えることでしょう。平均寿命も上がると言われています。

ただ、「健康的」な平均寿命が増えるなんて言ってません。どうせ生きているのであれば自分の力で歩きたいし、普段送っている生活をしながら生きたいですよね?

その時間を増やすためにロコモティブシンドロームになる前に「今から!」少しでも身体を動かす習慣をつけて将来幸せな毎日を送ってほしいです!

まずはできることから始めてみてください!何したらいいかわからない方はこちらまで!

体験レッスン