こんにちは!トレーナーの宗像です。ページをご覧いただきありがとうございます。

本日は体力についてお話させていただこうかなと思います。

 

体力は主に「行動体力」「防衛体力」の二つに分けられます。

・行動体力とは、走ったり、投げたり、跳んだりする運動の基礎になるのが行動体力です。

・防衛体力とは、体温調節、病気に関する免疫力、ストレスなどに対する抵抗力を表します。

 

そして行動体力は7つの要素に分けられます。

・筋力:物を持ち上げる、つかむ、押すなどの動作をするときに発揮する力。

・瞬発力:投げる、打つ、跳ぶなどの動作をするときに発揮する力。

・筋持久力:物を持ち続けたり、繰り返し持ち続ける時に発揮する力。

・全身持久力:運動し続ける時に発揮するスタミナ。

・平衡性:平衡感覚に基づいた調整力。

・敏捷性:自分の思うように身体を動かせる力。

・柔軟性:身体を曲げる、反らすなど関節を取り巻く組織の弾力性。

こうした体力の要素を結合して体力と呼んでいます。

 

身体のあらゆる機能は20代をピークに衰え始めます。衰えを防止するのに体力の貯蔵をしないといけない30代は人生の中でも働き盛りに当たりますのでなかなかスポーツなどをする余暇があまりないそうです。

仕事では正念場を迎え、なかなか時間がとれない。それに対して体力は加速度をつけて衰え始めるのに対して仕事量が増えていく、、、反比例の関係にあるわけです。

もちろん全ての体力要素を維持、向上するのはとても働きながらだと難しいので、自分に今、そして今後必要になってくるのはどういう体力要素か、見て頂けると幸いです。