Pocket

現在日本では2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡していると言われています。

そもそもがんとは何なのかご存知ですか?

●がん発生のメカニズム

〜細胞が分裂するときの「コピーミス」で「がん」がはじまる〜

私たちの体は約60兆個の細胞でできており、細胞は絶えず分裂することによって新しく生まれ変わっています。

  

細胞分裂は、細胞の設計図である遺伝子をもとにコピーされることで起こりますが、発がん物質などの影響で遺伝子が突然変異し、「コピーミス」が起こることがあります。

このコピーミスが「がん」のはじまりです。

 

ただし、コピーミスが起きても、すぐにがんになるわけではありません。健康な人でも1日約5,000個のコピーミスが起こっているといわれています。通常、コピーミスで生まれた異常な細胞は、体内の免疫細胞の標的となり、攻撃されて死滅します。

 

ところが、免疫細胞の攻撃を逃れて生き残る細胞がいて、「がん細胞」となります。それらが異常な分裂・増殖をくり返し、10~20年かけて「がん」の状態になります。

                                                                                                                                                                              (全国健康保健協会HP 引用)

 

 要するに、

「誰しもががんになる可能性がある」ということをまずは認識しておく必要があります。

 

そして、不治の病といわれていたがんは、正しい情報さえ知っていれば大半のがんは未然に防ぐことが可能なんだということも知っておくべきです。

 

普段あまり知ることのないがんの知識、また各自治体が進めているがん予防の情報などを

いくつかのシリーズに分けて発信をしていきます。

引き続き是非ご覧ください。

Pocket