皆様こんにちは。

今回はトレーニングの原理・原則についてお話したいと思います。ご自身の運動内容を再度確認してみましょう。

【トレーニングの原理】

①過負荷(オーバーロード)の原理

楽な負荷でトレーニングをしても効果は出づらいということです。ややきつい負荷で運動を繰り返し、徐々に強くしていくことで効果を期待できます。ただ体を動かせばいいということではないということです。

②特異性の原理

トレーニング方法によって鍛えられる部位が異なるということです。ベンチプレスを行なっても下半身には効果が期待されないように、トレーニング毎に鍛えられる部位を考えたうえでメニューを考える必要があります。

③可逆性の原理

トレーニングは継続しないと元の体に戻ってしまうということです。運動をした期間が短いほど、運動効果は早く消失します。何事もそうですが継続することが大事ですね。

 

【トレーニングの原則】

①全面性の原則

全身をバランスよく鍛えるということです。一箇所の部位ばかり鍛えるとバランスが崩れ、怪我をしやすくなったりパフォーマンスが下がってしまう恐れがあります。上半身と下半身、右側と左側、前面と背面、押す動作と引く動作など全体のバランスを考えてトレーニングしましょう。

②意識性の原則

トレーニングをしている部位を意識して鍛えるということです。脳でしっかり鍛えている部位を意識することで、より効果的な成果を期待できることがわかっています。

③漸進性の原則

体力や技術の向上に伴い、徐々に負荷を上げていくということです。負荷や回数を増やしていくことで筋力UPが望めます。

④個別性の原則

年齢、性別、体力水準はかなりのバラツキがあるのは当然です。他人と競争せずに、自分に適したトレーニングメニューと強度を選ぶようにしましょう。

⑤反復性の原則

トレーニングは続けることで効果を得られるということです。どんな人でも1日だけトレーニングしただけで体が劇的に変化することはありません。

 

上記の原理・原則を理解し、効果的な運動で成果を出せるようにしていくことで、モチベーションも向上し運動習慣が身につくようになると思いますので、頑張って継続していきましょう。