ダイエットする人がまず行う運動といえば有酸素運動が代表的ですよね。

痩せるためにまずはウォーキングやジョギングをする方が多いと思います。

もちろん間違えではないですし、効果的な運動だと思います。

しかし、脂肪燃焼させるためには筋トレをした後に有酸素運動を行う方が効果的になるんです。

筋トレは脂肪を分解する働きはあるものの、燃焼させるわけではないので、筋トレだけでは体脂肪は減少しません。

一方の有酸素運動は、体脂肪を燃やす運動になるため、これだけを聞くと筋トレを止めてその分有酸素運動をした方が痩せることができるのでは?と思いますよね。

しかし、有酸素運動では体脂肪のみが燃えているわけではなく、その中には糖も含まれるため、実際に体脂肪が燃えるのは半分程度と言われています。

つまり、有酸素運動のみで体脂肪を燃やすのはとても大変です。

そのため、筋肉量を増やし代謝を上げることで、体脂肪が燃えやすい環境を作ることが欠かせないのです。

筋トレで分解された脂肪は、その後何もしないと再び固まってしまいます。

しかし、そこで有酸素運動を行うことで、分解された脂肪を効率よく燃焼させることができます。

 

筋肉量を増やし代謝が上がる、おすすめの筋トレを1つご紹介します。

下半身のトレーニングで代表的なスクワットです。

スクワットでは、体の中でも大きな筋肉である太腿四頭筋や、お尻にある筋肉である大殿筋、太ももの裏にあるハムストリングスを鍛えることができます。これらは、女性にとって「太いのが悩み」というケースが多い部位なので、重点的に鍛えることによって、理想とするほっそりとした太ももやお尻を手に入れることができます。また、足だけではなく体幹(インナーマッスル)も鍛えられるため、すっきりとした体のラインを作り、綺麗な姿勢を保ちやすくなります。

ご自宅でも場所をとらずに行えるトレーニングですので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。